パソコン関連

専用の線が必要

復旧をするとなると専用の線が必要になります。
専用の線はインターネットで検索をすればすぐに出てくるので、そのまま通信販売サイトの通販サービスなどを利用して、商品を注文するのがお勧めです。
価格も特別高くはないので、気軽に購入して頂けます。
線は切れたりしなければずっと使い続けることが出来るので、何度も購入する必要もありません。
ハードディスクのデータを復旧しましょう。

デスクトップ

パソコンのデータなら

パソコンは長い期間使う事になるものなので、さまざまなデータを保存してどんどん大事なデータも増えていくものです。
しかし、パソコンが急に故障して動かなくなってしまう、というトラブルに遭遇してしまう方も多いです。
PCが動かないとなると、沢山パソコンで保存していた大事なデータも使えなくなるので、困ってしまう方が殆どです。
パソコンのデータはハードディスクという部分に保存されているので、パソコンが壊れてしまっても中にあるハードディスクさえ無事なら、データを復旧させることが可能です。
ハードディスクはパソコンの中に入っていたり、別に用意されていたりします。
パソコンの中に入っていた場合でも、取り出すのは簡単なので、誰でもすぐに取り出していただけます。
データを復旧すると聞くと、難しい事をするのではないか、と不安になる方が多いですが、専用の線を繋ぐだけで簡単にデータを取り出すことが出来るので、専用の線さえ手に入れれば誰でも簡単にハードディスクにあるデータを復旧する事が可能です。

モニター

物理障害の復旧

パソコンを長く使っているとハードディスクの劣化などや、ノートパソコンであれば落下の事故があったりします。
例えば、落下事故ですがハードディスクはミクロン単位に部品があり、ハードディスクをアクセスしてデータを取り出す、または書き込む際に磁気ヘッドとスイングアームで移動し該当するデータを読み書きします。
その部分に故障が発生した場合は正しい読み書きが出来ないということになるのです。
もちろんそれとは別に記憶ディスクそのものにゴミがついた等いろいろ考えられます。以上のようにハードディスクそのものが故障することを「物理障害」と位置づけています。

物理障害は「物理的に障害(機械的に壊れている)」が起きているのでソフトウェアでは復旧することはできません。
パソコンユーザはどうやって見分けをつけるか、ですが簡単な判断方法が存在します。
例えば「先日パソコンを落としたことがある」、「ハードディスクのアクセス音が異常に聞こえる」など物理的になにかあったのではないかという事象が分かる場合です。
その事象からパソコンが調子悪く異常をきたすようになれば、そのような事が原因であること考えることが出来ます。
この「物理障害」は素人では全く手がでません。出してもいけません。
ここは素直に信頼できるデータ復旧サービス業者に全てお任せして復旧してもらったほうがよいでしょう。
ただし、全てのデータの復旧できると思ってはいけません。

壊れた部分を除いたサルベージのような方式でデータを復旧するので壊れている箇所のデータは取りだせません。
「物理障害」については万全で復旧することはむずかしいのです。

カテゴリー